読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶滅危惧種的いい奴

笑え 苦しいときこそ。

担降りってやつ

NEWS「ヒカリノシズク/Touch」オリコンウィークリーチャート1位。デビュー作以降19作連続首位。

 

ほっとしました。嬉しい!とか誇らしい!という感情は一切沸かず、ほっとしました。この前の記事が本当にたくさんの方に読んでいただいて光栄な限りなのですが、なかなか感情のままに書いてしまった文章で、批判覚悟だったんですが、温かい言葉をたくさんもらって本当にありがとうございました。

 

しかし、「Mステぜひ見てください!」なんて書いたものだから、そして、「Mステ見てみますね!」なんて、暖かすぎる言葉をかけてもらったものだから、あの日のMステ後はもうドキドキが止まりませんでした。「ああ、やっぱり、NEWSはNEWSだった。そうだよな、はあ。」という呆れというか、絶望というか、もし私のブログを読んでMステを見てくださった方がいるかもしれないと思うと消え去りたい気分になりました。速攻録画は消去しました。「いや、でも、もしかしたら、私はファンだからちょっと見る目が厳しいのかもしれない…。」と思いながら、もやもやしつつも次の日あった友達に「NEWSのダンスめっちゃぎこちなくなかった?(笑)」と言われ、「やっぱり非オタから見てもそう見えたのか…」とまた落ち込みました。

 

私はこの前のブログで「買ってほしい」とは書きませんでした。私は「買いたい」と思った人が買えばいいと思っているからです。SMAPの購買運動によってNEWSの新曲の存在を知らないまま終わる人が増えてしまうことが怖かったからです。少しでもNEWSの存在を、新曲の存在を、知ってくれることを願ってこの前のブログを書きました。そして、Mステでのパフォーマンスを見て少しでも興味を持ってくれる人がいるといいな、買いたいと思ってくれる人がいるといいな、と思い最後の文章は書きました。

 

そして、NEWSも本気でパフォーマンスをしてくると思っていたからです。NEWSの勝負の年だと覚悟を決めていると思っていたからです。なのに、あのクオリティ。

 

正直、あれを見て以来私のNEWS担としての気持ちが切れてしまいました。こんな気持ちは初めてです。もう、いまのNEWSを追いかけようという気持ちが沸かなくなってしまいました。そして、「ああ、これが担降りってやつか」と納得しました。別に嫌いになったわけじゃない。だけど、もう必死に追いかける気にならない。彼らを支えたい、一緒に歩きたい、と思わなくなりました。

 

今、私は不満半分・達成感半分です。

 

不満はさっき書いたように彼ら魅せてくれるものに魅力を感じなくなってしまったから。これに関してはここ数年は、特にここ半年はずっとくすぶっていた感情です。NEWSが魅せてくれるものと私が求めているものの差があったこと。それはトンチキしか出さないことや、Whiteツアーのセットリスト、構成。彼らはファンを大切にしていて、大好きだけれそれ以上のことが感じられなかった。ファンへの愛は異常なほどに重いけれどその先には何もなかった。少なくとも私はそう感じられた。

 

それでも、NEWS担をやめなかったのは彼らも、もがいているのがわかっていたからです。だから、支えたかった。そんなファンに重い愛を寄せる彼らをずっと見ていたかった。

 

しかし、11月末に嵐のツアーに行きとても感動しました。かかっているお金が桁違いであることは別にしても、日本人のトップレベルに忙しいであろう5人がそれぞれ新しいことの挑戦しファンを楽しませることに全力をかけていた。NEWSならいつも物足りなく感じるソロコーナーもあんなに楽しかったのは初めてだった。NEWSが並んで踊るとダンスのバラつきにいつも不満を覚えるのに、NEWSの何倍も忙しい彼らのほうが何倍のそろっていてかっこよかった。NEWSのあの、いつまでたっても変わらない呑気な、なあなあ加減に結構本気で嫌気がさした瞬間でした。

 

しかし、12月の半ば。加藤シゲアキ原作・出演ドラマの主題歌「ヒカリノシズク」初披露。新しい風がNEWSに吹き込まれた事を感じました。このぬるま湯から脱出するかもしれない。新しいNEWSが誕生するかもしれない。本気でぶつかってきてくれるのかもしれない。期待でドキドキしました。わくわくしました。


12月から1月にかけてNEWSは今までにない露出でした。シゲは映画の番宣、ドラマの番宣でたくさん出て、まっすーは年始特番、NEWSでの番組もあり、コヤシゲでの番組もありました。そして、NEWSが出演する久しぶりのCMもありました。そして、Mステの2週連続出演。


しかし、NEWSは変わりませんでした。NEWS担が感じるレベルの低いのを考慮しても、これだけ推されるなんて何年ぶりだろうという事務所の力の入れ方を感じているのに、NEWSは全く変わらずNEWSのままでした。今までのNEWSと同様のクオリティでした。正直、もっと本気で攻めてくることを期待していました。推されを確実にするために、貪欲に、完璧を求めてくれることを期待していました。でも、まったく踊れていないわ、揃っていないわ、歌ってないところはあるわ。

もういいや。って思ってしまいました。


でも反面、達成感もあります。ここまでNEWS担としてあと1ヶ月で10年でした。この9年と11ヶ月。すごく長かったです。このうちNEWSが他のグループと同様の頻度で活動していた時期なんてほんの少しです。今デビュー13年目でシングル19作目ということからもわかると思いますが休止期間や活動のない期間が本当に多いグループでした。


私がファンになったのは6人の復活のコンサート。いわゆる、復活魂ってやつです。いとこに連れて行ってもらい、グッズ売り場に飾られている小山さんに一目惚れでした。そしてコンサートのキラキラした世界を知ってしまいジャニオタとしての人生が始まりました。それからは毎月何冊かは少ない小遣いの中から購入し、CDが出れば購入し、コンサートがあれば参戦しました。


それから10年かあ、と思うと感慨深いものがあります。これまでの思い出を書こうと思えば多分延々に語れると思います。人生の半分。これは本当に私にとってすごくすごくたくさんの時間でとても濃い時間でした。私が見ていたNEWSの10年は恵まれたものではありませんでした。動いている彼らを見る機会なんてほぼありませんでした。グループでのレギュラー番組を一度ももったことはありません。シングルを出す機会も少ないため音楽番組にも出れない。頻繁にドラマに出る訳でもなければ舞台に出る訳でも無い。だからこそ、今の状況が本当に夢みたいなんです。1月のテレビ出演ランキングのようなものでNEWSが上位にいるのを見かけました。本当にそんなの夢みたいなんです。ここまで来てくれたことに本当に嬉しいんです。そして、DVDの発売もツアーも決まっている。こんな状況があるなんて信じられないぐらい幸せで、嬉しいんです。


やっぱりNEWSに対して好きだという気持ちの他に「どうにかしてあげたい。」という気持ちがあったんだと思います。私が応援することによってもっと活動出来ればいい、もっとテレビに出れるようになればいい、っていう。それがもう叶ってしまったような気持ちになり、ぷつっと気持ちが切れてしまいました。


そして、「ヒカリノシズク/Touch」の発売。やっとやっと王道ソング。もう本当に嬉しくて。こんなに素晴らしい曲が貰えて本当に嬉しくて。NEWSがこの曲を歌っている姿を聞いて、CMで流れてるのを聞いて、ドラマで流れているのを聞いて死ぬほど嬉しくて。もう満足感でいっぱいになってしまいました。騒動があったっていうのも無くはないですが「チャンカパーナ」以来久々に複数買いしました。彼らのこの素晴らしい曲を買いたかったからです。いくつ持っていても価値があると思うほどだったからです。そんな曲に出会えて、そんな曲を歌うNEWSに出会えてすごくすごく嬉しいんです。そして、満足してしまったんです。


わかっています。今の推されなんていつまで続くかわからない。というか、NEWS担にとってはすごく推されているように見えるけれど他担から見ればいつものレベルなんだろうし、それ以下かもしれない。そしてまたいつトンチキに戻るかもわからない。


けれど一度切れてしまった気持ちが戻らないんです。自分でも信じられないけどもう胸がいっぱいで、もういいかな、って思うと落ち着くんです。


だから、小山担を、NEWS担を降りようと思います。


この濃い10年を絶対に忘れません。何度も何度も助けられました。何度も何度も笑顔にさせてもらいました。何度も泣かされました。けどその何倍も幸せにしてもらいました。ありがとうございました。NEWS。本当にありがとう。


初めてのコンサートの衝撃。雑誌を買ってはNEWSだけは覚えるほど読んでいたこと。CDが発売までのドキドキ。歌詞を必死に覚えていたこと。授業中、歌詞カード見てたら国語の先生に取り上げられたこと。死ぬほど妄想したこと。小山さんの「loveaddiction」のPVにショック受けて泣いたこと。小山さんがキャスターなるって聞いて友達と勝手に髪色について心配してたこと。NEWSの活動の無さに病んでたこと。すごく些細な情報でもNEWS嬢たちと喜び合ってたこと。2011年10月7日のこと。けーらじ、えぶりーでの小山さんの言葉。シゲアキに改名、作家ってびっくりしたこと。新生NEWSのカウコン。4月18日のけーらじで死ぬほど喜んだこと。ベストアルバムは撮り直しだと思い込んでいたのに買ったら6人のままだったこと。チャンカパーナ発売日スペシャルBOXの大きさに驚愕したこと。秩父宮初日に行く訳でもないのにすごくすごく緊張していたこと。神戸での美恋魂。イベントで握手して伝えたいことが伝えれたこと。朝起きたら手越がサッカーキャスターって情報がメルマガから来ていてすっごく嬉しかったこと。受験生だったけど幸福魂に行って元気もらったこと。10周年ドームは行けなかったけど結成日に動画配信してくれてすごく幸せな気持ちになったこと。手越がW杯メインキャスターを掴んですごく嬉しかったこと。whiteツアーでは初めて友達と遠征、多ステできたこと。ちょっとずつNEWSの知名度が上がってきたことを感じられたこと。ピングレが映画化したこと。カサアリがドラマ化したこと。ヒカリノシズク/Touchが発売されたこと。


書きれないよ。涙が出てくるよ。


全部全部忘れません。NEWSに出会ってなかったら違う人生でした。NEWSに出会わなければ知らない楽しさを、喜びをたくさんたくさん知ることが出来ました。本当に楽しかった。NEWSを好きになってよかったです。ありがとう。


NEWSを嫌いになった訳ではないので持っているDVDもCDもグッズも売る気にはなれません。たぶんこれからもしんどくなったらNEWSに頼るんだと思います。でも今の、これからのNEWSを応援できない奴はNEWS担とは言えないと思うのでNEWS担はやめます。


コンサートは地元とドームだけ参戦する予定です。FC更新はコンサート次第だけどたぶんしないかな。


NEWS担を降りるという訳で一応掛け持ちをしていた岸優太担ということになるんだけれどまだJr.担という腹をくくれないので、まあ、ゆるゆる応援していこうかな、と思っています。


ふう。言葉にしてしまった。


ありがとうNEWS。

大好きです。

言葉にしきれないぐらいの想いでいっぱいです。

私は降りるけど、どうか更に魅力を磨いてたくさんのファンを掴んでいってください。


私の夢はNEWSがゴールデンに冠番組をもって、一般人に顔と名前が一致してもらえるようになって、5大ドームツアーをコンスタントに出来るグループになることでした。

いつか、叶えてね。


NEWSのみんながずっと笑顔でいることを願ってます。