読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶滅危惧種的いい奴

笑え 苦しいときこそ。

やっぱり好きだ

 

 

小山慶一郎が好きだ。やっぱり好きだ。

 

去年の1月。NEWSへの不満が好きを上回ってしまった。岸くんへの好きがNEWSの好きを上回ってしまった。から、NEWS担を降りた。それからは私の中心は岸くんになっていった。

 

けど、9年間NEWS担をやってきて、簡単に離れられる訳もなく、元気が無くなればSmile Makerを聞き、ネバエンのアホ可愛い彼らに癒され、美恋のエモさに定期的に浸っていた。ただそれは過去の彼らであって現在の彼らで無い。現在進行形で歩んでるNEWSを応援できなくなっていたんだからNEWS担を降りていたと思う。

 

でも昨日の少プレを見て小山慶一郎への好きが溢れ出して止まらない。本当に好きだ。やっぱり彼のことが大好きだ。

 

テゴマスと歌うの怖い小山さん。手震えてた小山さん。けどこれがいい環境っていう小山さん。

 

ほんと号泣案件だった。

 

 

私が好きになったころの小山慶一郎は金髪の明治大学生だった。チャラくて、軽くて、ほんっと都合いいなこの人(笑)みたいな感じだった。社交性は高くて、年上ってこともあってやまぴとりょーちゃんとも1番フレンドリーだった。その軽さが心地よくて、見ていて楽しかった。

 

ただ、もがいてることも分かってた。人気もなくて、仕事もなくて、歌割りも少なくて、誌面でも小さかったり、端だったり。ファンにさえわかるようなこの状況にもがいてたんだと思う。けど、諦めてた。たぶん、コヤシゲの2人は。諦めてた。2人で傷を舐め合ってた。2人が同じ位置にいることに安心してた。

 

けど、それって責められることじゃ無いと思う。たぶん、NEWSでいるだけでそれなりの地位と名声は手に入れて、ファンもいて、お給料は貰えて、ツアーもやれて、そんな生活からさらに頑張ることは相当の自信と労力がなきゃ出来ない。

 

2人で自虐して笑いを取り、どうにかこうにか頑張ってたんだと思う。

 

 

そこから小山さんは週一でキャスターを始め、シゲは本を書き始める。そして、NEWSは4人になる。

 

そこで立ち位置が変わり始めた。リーダーになる経緯の話から小山さんがいじられキャラになった。もともととても器用な人だからそれを演じていく。真面目で、いい人で、優して、天然で、手越さんのキャラも相まってどんどんやられちゃう愛されリーダーの座を手に入れた。

 

もう小山慶一郎で検索したら某女優の名前やら、やらかしたエピソードとか、某有名人のバースデーパーティーの流出画像が出てきた小山慶一郎じゃなくなった(これらを見てめちゃめちゃショックを受けた当時中学生の私)。

 

これは別に新規と古株が違うとかなんとか言いたいわけでは全くないけど、たぶんここ2、3年小山さんを好きになった方の小山慶一郎像と10年小山さんを好きな人の小山慶一郎像は全然違うと思う。それはたぶん、昔のDVDやらを少し見てくれればわかると思う。シゲのことをガンガンに弄るし、小山さんが弄られるとしても目が細い弄りとか(笑)なかなかきつめのやつ。私の周りも昔は「小山さんが好き」というと「チャラいじゃん。ホストかよ」って言われていたけど、ここ数年は言われたことはないし、むしろ「真面目、賢い、けど天然のいじられキャラが好きなんだ」みたいな目で見てくるようになった。

 

何度も言うけど、「新規は本当の小山さんを知らないんだ」とか言いたいわけじゃない。小山さんが路線を変更したのは間違ってなかったと思っている。路線変更後の小山さんに惚れた人はたくさんいるわけで、NEWSというグループがここまで来れた原因の一の一つだと思っている。一番思うのは路線変更をしたおかげでキャラが分かりやすくなった。ヤンチャな特攻隊長手越と弄られる年上の優しいリーダー。ボケる増田と進行するキャスター。イケメン頭脳派シゲアキと天然シンメ。メンバーのことを大好きでメンバー愛にあふれててだから弄られても許しちゃう、そんなリーダー小山慶一郎

 

正直、どんどん変わっていくキャラが少し寂しかったこともなくはないし、どんどん変わっていくファン層が怖くなる時もあった。けど、私はこうやってファンの需要を察知してアイドルをしている小山さんのことも大好きだったし、NEWSにとって変わる必要があったことも分かっていたから大好きだった。そして何より、根はチャラッチャラ(だと私は思っている)の小山慶一郎がここ数年スキャンダルが無いことに尊敬していた。キャスターをやっているという責任やファン層が変わったことをしっかりと受け止めそれを全うしている彼がかっこよくて仕方がなかった。

 

自分自身、岸くんへの好きが大きくなったこともあるのだろうけど、「小山さんはいい人見つけられたんだろうな。小山さんを落ち着かせてくれるような相手に出会えたんだろうな。よかったなあ。」と思うようになっていた。(私の週刊誌にすっぱ抜かれるようなスキャンダルは仕事に影響するんだからほんとやめて、って思う派のオタクなのでキャスターとしての仕事に傷をつけない、NEWSというグループを傷つけない彼の私生活の改変は本当にうれしくて彼女(仮想)に感謝していた)

 

そんなふうにここ2年ぐらいは思っていたところに例の出来事がありまして。あれよあれという間に相手の方はああゆう結果となってしまい。ファンは騒然。

 

ま、ここまではよかったんです。ジャニーズのタレントにああゆうことが起こるとテンプレの出来事。

 

けど、今回はそこからが違った。叩くのが収まらなければ、論点はずれていくは、昔を掘り起こしてあらを探していくわ。

 

正直、ほんttttttttっとうに気分悪かったので全然追っていないけど、それでもこれぐらいは耳に入ってしまうような騒ぎになっていて。

 

なんかもうめちゃくちゃ悔しくて。悲しくて。

 

小山さんがすごくすごく努力して手に入れた今の立ち位置なんだよ。それを過去をさぐって上げ足を取るかのようにさらしてむやみやたらに叩いている風潮が本当に苦しかった。

 

正直私だってテゴマスにはいろんな感情を持ってるよ。歌がうまくて、二人でCD出せて、ツアーもできて、羨ましいしかないよ。NEWSでの活動が無ければ代わりに活動できるんだよ。6人時代にコヤシゲという括りはあったにせよそれは残りの二人という雰囲気もぬぐえなくて、歌もうまくなければ、ビジュアルに自信があるわけでもない小山さんとシゲ。NEWSの活動がなければ仕事のない2人が当時どれだけ悔しかったか。ファンの私でもめちゃくちゃ悔しかったんだから。

 

もちろんテゴマスのことは好きだし、応援してるし、ツアーも行ってたし、テゴマスの活動が発表されると嬉しかったけど、純粋に手放しに喜べたかと言われるとそんなことない。「おっけ、しばらくはNEWSはないね。」って受け止めるしかなかったあの頃。私はNEWS箱推し中の箱推しだったからしんどかったなあ、と今更ながら思う。当たり前にピリつくこともあった。けど、スペックが違うのは分かってるし、分かってたから余計に苦しかった。

 

テゴマスの歌のうまさっていうのは、そりゃあ努力によるものもあるんだろうけど、大方は先天性のものだろう。それを目の当たりにされる辛さやばくない?「テゴマスはツアーやってるからおれらはトークショーだね。(笑)」なんて言い合って慰めて。そんな話は来るわけはないってわかりつつ慰めあって。

 

その時代のを引っ張り出して不仲説だなんだって騒がれてもそんな単純な話じゃねえよ!ってなる。ましてや、脱退の時にテゴマスはテゴマスにするかNEWSを取るか迷ったって明言してるわけで、つまり、コヤシゲは捨てられるかギリギリだったってこと。そんな彼らが今や、レギュラー持って、キャスターやって、知名度あげて、「いいひと」って世間一般に思われるぐらいまでになって、小説家として認められて、ドラマや映画から主題歌持ってきてくれて、並ぶ時もセンターに入ることもある。これだけでも、ほんっとすごいと思わない??ここ数年のコヤシゲの快進撃はほんとすごいと思うし、それこそ今の仕事量から言ってテゴマスに引っ張ってもらってた時代とはもう違う。2人とも自信をつけたんだなあって私はすごく嬉しい。2人とも長年の経験から自虐することも慣れちゃってるし、自信はない人たちだから、テゴマスにも対等に言えるぐらいの自信がついたんだと思うとほんっと嬉しい。夜会での発言もなんかざわついてたけど、私はすごく嬉しかった。

 

 

 

そうやって頑張ってた彼をむやみやたらに叩いく人たちはもっと考えてほしい。それがどういう行為なのか。誰のためになるのか。

 

週刊誌に撮られるとか決定的な事実で世間に公表されるスキャンダルは私はめちゃくちゃ嫌いだ。撮られたことを全力で責めたい気持ちになる。けど、今回はそうじゃない。勝手に自分たちで掘り返して勝手に騒ぎを大きくしている。意味がわからない。手越は良くて小山はダメ?意味わからない。どっちもダメだよ。むしろ根本は小山さんのほうがチャラいよ??手越さんの方が真面目でしょ??そんなん見てたらすぐわかるよ。それを今まで撮られなかったんだから逆に尊敬してたよ、わたしは。ちゃんと仕事をまっとうしてた。匂わせなんて週刊誌よりも何倍も余波は少ないよ。なのになんで手越さんより叩かれなきゃいかないの?まっすーとの不仲説??どこがだよ。っていうか小山さんはもともと超クール人間だよ。社交的だけどそれはうわべで中にはガッチガチの鍵のかかった扉あるひとだよ。誰とでも仲良いし誰とも仲良くないんだよ。本当にメンバーのこと思ってるなら普通は怒るでしょ?そんなのはしない人なの。まっすーもそっち側だから、お互いがいい距離を持った関係なんだよ。コヤシゲの関係なんてもうここ数年の関係性を信じてた人はとりあえず6人時代のDVDを見てください。ラブラブのカケラもないから。

 

 

愚痴しか出てこない。

 

 

わたしは今回の件では小山さんにはなんの感情も湧かなかった。別にショックでも無ければ、おめでとうって訳でもなくて。

 

けど、叩かれまくってる現状はとても気にくわない。というか、ほんと意味がわからない。けど、担降りしたからな…でもわたしの知ってる小山さんは…けど…ってモヤモヤしてたところに、少プレをみて、全部吹っ飛んだ。

 

 

 

そこに映っていたのはわたしの好きな小山慶一郎だった。

 

優しくて、周りを見れて、社交的で、気を使えて、みんなから好かれて、けど、ほんとは基本的に温度低くて、芯が強くて、頑固で、自信なくて、誰よりも男っぽい。そんな小山慶一郎が大好きです。大大大大好きです。

 

ほんっとこの人のことは一生好きなんだろうな。

 

わたしみたいな外れ値にはNEWS界隈はやっぱりしんどいし、NEWS担には戻りたくはないけど、けど、小山慶一郎のことは一生応援してる。一生。