読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶滅危惧種的いい奴

笑え 苦しいときこそ。

過去と現在と未来

同じ担当でも応援スタイルや担当観は人それぞれで正解も不正解もない。100人のファンがいれば100通りの担当像があるものだと思う。

 

私は今は岸優太くんを担当している。私が岸くんを知ったのは2015年の夏だった。そのころの岸くんは、キンプリのメンバーとして活動していて、チーム武としてサマステで戦っていた。リアルタイムで追うことが出来たのはそれ以後の岸くんしか見ることはできていない。

 

だけれども私は「自分が好きになったタイミングが運命で過去は興味ない」というタイプでもなく「好きになったからには彼の生きてきた道まるごと好きなる」という重い重いタイプのオタクなので岸くんの過去の映像、雑誌などは出来るだけ収集している。過去の作品も買うし見るし、それが楽しい。

 

でも、それをリアルタイムで経験しているか、否かというのは全然違うということはいつも思っている。それは別に新規コンプレックスとやらでも全然ない。けれど、ある出来事を自担として見るのか、他担として見るのか、後から知るのか。これらは決定的に違う。見える世界が全然違う。感じるかことも全然違うはずだ。

 

私がそう思うのは自分がNEWS担として2010年、2011年、2012年を過ごしたから。この期間はNEWS担として過ごしていない人には絶対当時の気持ちはわからないだろうな、と思っている。それは確信している。

 

なんというか、「当時」「担当」だったか、ってことが重要で、現在の愛の大きさとか、好きの大きさとかに関係してくるとは微塵も思わないし、お金をたくさんかけて来たとかそういうのも関係ないと思うけど、気持ちは違うよね、って思うわけです。

 

「新規にはわからない」とかいうことではなくて「経験した」か「経験していないか」というのはオタクをするうえで大きい。別に後から知っても楽しいし、遠巻きに見ていても楽しいことはたくさんあるわけでそれで十分だという人はたくさんいると思うしれど、担当ということになるとやはり「リアルタイム」の重要性は高くなってくると思う。

 

だから、つまり、何が言いたいかというと、人それぞれリアルタイムで応援してきた時期は違うわけで、そうなると大切にしたい時期や括りや担当の雰囲気などは違ってくるよね、仕方ないよねってこと。

 

私が好きになった岸くんはキンプリの岸くんで、初めて好きになったJr.のグループはキンプリで。だから、どうしてもキンプリには特別な思いがある。とは言っても、NEWSを応援していた当時よりも箱推し気質ではなくなってはいるから、キンプリの岸くんだけが好き!とかじゃないし、ソロで外のお仕事している岸くんも、きしいわもWゆうたもきしひらもきてぃれんも岸じぇしも優勝も、なんでも大好物だし、もちろんPrinceも好きだし、柔軟なほうだという自覚はある。正直、岸くんが今後どんな括りになろうが岸くんが笑っているならそのグループを応援できるだろう。

 

けど、過去のグループを忘れられない人の気持ちも分かる。リアルタイムで見ていた過去が今も好きで好きでたまらない人の気持ちも分かるんだよなあ、って話です。

 

私自身、6人のNEWSを未だに引きずったり引きずらなかったりしてるタイプのファンで、4人のNEWSがめちゃめちゃ輝いているのは分かってるんだけど、それしか興味ないし、過去を知る気もないし、6人時代なんて悪だ、みたいな人がいたら「6人のNEWSもとても素敵だったんだよ!」って言いたくなる。わかってる。4人のNEWSが褒めらるってことはとても良いことで、そこまでやってこれたのはNEWSのとてつもない努力があったからで、4人のNEWSしか知らない層が増えたことは誇らしいことだ、ってこともわかってる。わかってるけど、それだけじゃスッキリしないオタクゴコロがあるんだよね。

 

私がキンプリを好きになった当時は批判的な意見がほとんどで、怖くて怖くて、「Jr.で箱推しはしない」って誓ったほどだった。その当時に比べれば、断固否定派、みたいな意見は見かける数は減ってるかなとも思うけど、そういう思いは絶対消えないし、正式にグループ結成してデビューしても言われ続けるんだと思う。

 

いや、わかるの。言いたい気持ちもわかるし、そういう人がいることもわかる。過去がいい、気持ちもわかる。自分が見てきた過去はまぎれもない事実で、それを否定されるのも無かったことにされるのもたまったものじゃないよね。わかる。事務所が昇華してくれたらいいんだろうけど、そんなことは期待もできないし。私も「もう脱退したんだから、戻ってこないんだから、受け止めるしかない」って何回も言われたけどそんな切り替えなんていつまでたってもできないし。

 

けど、私はそれに振り回されたくない。私は私が思うままにジャニオタしていたい。人それぞれ思い描く岸くんは違うだろうけど、私は私が好きな岸くんを愛でて、応援して、好きでいたい。あの頃がいい、あの時に戻って欲しい、って意見は絶対消えないだろうし、耳に入り続けるんだろうけどそれをどうこう思わず、自分のなか感覚を大事にまっすぐ岸くんを応援して行きたい。岸くんだけじゃなく、周りも。岸くんの周りを彩ってくれてる子たちも私の視点で応援して行きたいなって思う。

 

 

っていう決意表明でした!!!

 

 

祭り大阪で何かがあった場合にぶれないようにの滑り込み宣言ブログでした!!まあまた肩透かし食らう匂いもぷんぷんしてるけど!!!何かしらありますように!!!!!!!お願いします!!!!